スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠藤周作 『女 (上・下)』

カナリ昔、
オンライン友達に薦められて積読書に加えられたのだと思います^-^;;;

どうやら古い本らしく、ネットで探したけど
新品では手に入らない模様☆


遠藤 周作(えんどう しゅうさく)[⇒もっと詳しく]
女(上)』            『女(下)
   


知らずに買ってる私もすごいと思うけど、
歴史小説でした^-^;;;
実を言わなくても、歴史本を読むの自体、
教科書&漫画日本の歴史以外始めてかも☆(苦笑)


上の方は、

戦国時代の女目線の歴史小説。
信長のお妾さんから始まって、お市の方、茶々(淀君)へ進んで。
彼女達を取り巻く環境だとか、男達だとか、
戦国時代は超有名人ばかりだから、解りやすくて良かったって思う。

教科書では教えてくれない内容が書かれてるから面白いし、
時系の流れもわかって。
こういうのを読んでおくと歴史が好きになるのかな^^
なんて思ったww


下の方は、

戦国時代から歴史が流れて、江戸時代。
あまり”女”とは関係ない気はしたけど、切支丹の話しがあり
将軍様のハーレム、大奥の話しへ。
その大奥での女同士の戦いや、情事について。

大奥では普通に行われていた、火を放ったり毒殺を試みたり。

戦国時代には男との戦いだったのが、江戸時代には女との戦いになった。
そんな女の歴史。

最後には、女の幸せとは?
といった疑問を少し投げられてるのかな?って感じたりした。


スポンサーサイト

テーマ : 新書・文庫レビュー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

こなつw

Author:こなつw
「本は出合った時に手にしないと二度と会えない」
そんな根拠のないポリシーで、積読書が絶えません^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
SHOP
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。