スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮部みゆき 『人質カノン』

『ひと月に1冊は本を読むぞ!』

密かな今年の目標なのだけど、
今月はギリギリセーフで1冊読了です^-^;;;;

宮部みゆき(みやべ みゆき)[⇒もっと詳しく]
人質カノン


短編集でした。
人質カノン/十年計画/過去のない手帳/八月の雪/過ぎたこと/生者の特権/漏れる心

上記7作品が掲載されています。

コンビニで強盗にあって人質になっちゃったり
タクシードライバーから10年かけた殺人計画の話を聞いたり
電車の棚に雑誌と一緒に置かれてた手帳を拾ったり
いじめが原因で事故にあった少年のおじいさんが残した遺書だったり
探偵(だっけな?)事務所に1度相談に来た少年を数年後みかけたり
失恋のために死に場所を探してたら、いじめにあってる少年に出会ったり
ローンが残ってるマンションを売るため四苦八苦してたり

全て大きな事件ではないけど、
それぞれ個人の直面した悩みだったり生活だったりが
ちょっとした事件となってミステリーのようになってた。
軽くもなく大げさでもなく。それなのに面白い。
この作者上手いなぁ、誰だ??
思ったら、宮部さんだった。流石(笑)


この本を読んでたら、自分の日常も作品にしたらこんな感じかな?
なんて歩きながら考えたりしながら、
やっぱり山場が必要だよな?
なんて、
いつもと違う行動とったりしてた自分がいたww
普段気にしない風景を気にしてみた自分がいたwww

こういうのを生活の潤いっていうのかな??^^
なんてw
すごいとか羨ましいとかじゃなくて、視点を変えればいいのかな?って思えたから。
???なんか前回も同じような事書いたか???・・・ん~、気にしない(爆 *^-^*

生活にスパイスをくれた作品集でした^^


スポンサーサイト

テーマ : 新書・文庫レビュー
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
プロフィール

こなつw

Author:こなつw
「本は出合った時に手にしないと二度と会えない」
そんな根拠のないポリシーで、積読書が絶えません^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
SHOP
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。