スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外山滋比古 『思考の整理学』

外山滋比古(とやま しげひこ) [⇒もっと詳しく]
思考の整理学


テクニック本だと思って手にしたら違ってた☆
”思考する”事の意味、重要性、とは。
そういった学者さんのお話^^;;
自分の経験交えてのお話だったので、わかりやすかった。
ちょっと求めてたのとは違ったのが残念☆
それでも”アイデア寝かせる”とか”メモを残す”とか、当たり前なことをしっかり書かれてるのが嬉しかった^^
自分は間違ってなかったんだなって思えるからww
古い本だから”カード””ノート”活用しか書いてなかったのが残念^^
スクラップとかさw
書いてはなかったけど自分が残した記録を読み返すとか、整理するってのが必要になるから、少なくとも2回はそのこと(残した物)について考える事になるってことで。
それで整理(時間まとまって)できるんだろうなぁw
やっぱり書きっぱ、読みっぱをなくすのが大切なんだろうなぁ。。。



スポンサーサイト

テーマ : 本読みの記録
ジャンル : 本・雑誌

山田真哉 『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』

山田真哉(やまだしんや)  [⇒もっと詳しく]
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?


どんな内容かと思ったら
会計の入門書
だった(笑)

さおだけ屋とか住宅街の高級料理屋とか、商品だらけの商店とか、
どうして潰れないの?
どうやって食ってるのかな?
って思われる職の謎をといてくれてる(笑)

中で面白いと感じた内容が
「チリが積もっても山にはならない」(笑)
”普段はケチケチしてもいいけど、たまにはパッとしたい”
これはカナリ危険な思想で、
毎日10円節約=3,650円/年
だったら、大物時に1回1万円節約した方が効果的。

これには気をつけなきゃ~なんて☆


「数字に弱くても“数字のセンス”があればいい」
”50人に一人が無料 キャッシュバック・キャンペーン”
上記を見て数字のセンスのある人は「100人に2人無料、この企画は2%の割引きとなる」と見る。
”無料”という言葉や表現のインパクトに惑わされずに物事を考える事が出来るかが数字のセンス。
”トップ高校に120人合格!6教室にて展開!”
上記を見て
「20人/教室」「去年5教室で今年6教室増えてるが合格者数は変わってない=力が落ちてる」
そんな分析ができる様になること。
つまり
「ある特定の数字を定期的におさえる事」
これが分析の極意であり、出来るかが数字のセンスの有無につながる。

分析って、今までしたことなかったから、面白い。
やってみたいなぁ。
思ったのに、今もやれてない☆(笑)





テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

櫻井秀勲 『今日から始める-大人の女の気品のつくり方』

櫻井秀勲(さくらい ひでのり) [⇒もっと詳しく]
今日から始める-大人の女の気品のつくり方


男性の目から見た女性の気品の様。
気品とはこういうものだ
と決めつけて、こうしろ、ああしろ、書かれてた。
少し違うと感じる部分もあったけど
外見じゃなくて内面で作り出すとか
上流の人と付き合えば上流に近づけるとか、頷ける点も多々あった。
中で
「一人の時間を大切にする」「上流の人と付き合う」「姿勢を正す」「人の話を聞く」
これらが印象に残った。

そうそう、
「毛筆の練習をこっそりする」
ってのも、やろうかなぁっっなんて気になった(笑)

テーマ : 本読みの記録
ジャンル : 本・雑誌

唯川恵 『ベター・ハーフ』

バブル期、バブル崩壊
この忙しい時代に振り回されてる結婚生活話



唯川恵(ゆいかわ けい) [⇒もっと詳しく]
ベター・ハーフ


バブルの真っ最中に派手婚したカップル。
結婚式当日から話がスタートするんだけど、
そこから旦那の元カノが手首切っちゃうなんて事件起こって。

結婚したけど、そんな角質でうまくいかない。
旦那は風俗で遊んで、嫁は元カレと浮気。
波乱なのに子供が出来ちゃう。
バブル崩壊
旦那はリストラ
プライドありで次の仕事見つからない。
家の中は喧嘩ばかり。
こんなはずじゃなかった ばかり。

当時、テレビ見てて、こんな世の中になっても仕事内容、給料文句つけてる人見て思ったことをそのまま思い出した。

それでもここはドラマ。
昔の同僚が会社を興す、是非力をかしてくれとスカウト。
嫁は2人目の子供を流して子宮を取ることに。

うまいことに、落ちる時は片方づつ。
両方一揆に落ちてたら終わってたかもしれないこのカップル。
やっぱりそこはドラマ。

子供がもうできないと覚悟した大事な一人娘。
今度は子供のお受験
そして親の痴呆症やら入院やらで介護の覚悟も


そんなバブル期時代を生きた人の人生

どこかにありそうな人生


テーマ : 新書・文庫レビュー
ジャンル : 本・雑誌

カテゴリ
プロフィール

こなつw

Author:こなつw
「本は出合った時に手にしないと二度と会えない」
そんな根拠のないポリシーで、積読書が絶えません^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
SHOP
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。