スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米原万里 『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』

自分の幼い頃の体験談・・・ いまいち、こういうの好みじゃなくて、
3作品で1冊になってるのだけど、1作品読んで積読書してた本です。

やっと、1冊、読了しました^^;;;


米原 万里(よねはら まり)[⇒もっと詳しく]
嘘つきアーニャの真っ赤な真実



解説を読むと、エッセイという分野らしい。

子供の頃ロシアに在住していた著者の学校での友達の話。
色んな国籍の文化や環境の異なる友達が一緒に勉強してて、
その中の、変わった人というか、仲良しさんというか、
そんな人たちの話。
それぞれ、大きくなってから彼女達に会いに行き、その後・・・もあるのがいいかも。


私、根本的に、人の話題をネタにする芸風の芸人さんや噺家さん達が苦手。
それがあってか、この作品は全く苦手だった><
多分、作品として、歴史本としてなど、色んな角度から読める作品。
きっと読む人が見れば面白いのだと思うけど、
たぶん、これがフィクションだったらまだ良かったのかもしれなかったけど、、、
でもきっと、これがノンフィクションだから魅力的って人も居ると思う。






スポンサーサイト

テーマ : 新書・文庫レビュー
ジャンル : 本・雑誌

山田真哉 『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』

山田真哉(やまだしんや)  [⇒もっと詳しく]
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?


どんな内容かと思ったら
会計の入門書
だった(笑)

さおだけ屋とか住宅街の高級料理屋とか、商品だらけの商店とか、
どうして潰れないの?
どうやって食ってるのかな?
って思われる職の謎をといてくれてる(笑)

中で面白いと感じた内容が
「チリが積もっても山にはならない」(笑)
”普段はケチケチしてもいいけど、たまにはパッとしたい”
これはカナリ危険な思想で、
毎日10円節約=3,650円/年
だったら、大物時に1回1万円節約した方が効果的。

これには気をつけなきゃ~なんて☆


「数字に弱くても“数字のセンス”があればいい」
”50人に一人が無料 キャッシュバック・キャンペーン”
上記を見て数字のセンスのある人は「100人に2人無料、この企画は2%の割引きとなる」と見る。
”無料”という言葉や表現のインパクトに惑わされずに物事を考える事が出来るかが数字のセンス。
”トップ高校に120人合格!6教室にて展開!”
上記を見て
「20人/教室」「去年5教室で今年6教室増えてるが合格者数は変わってない=力が落ちてる」
そんな分析ができる様になること。
つまり
「ある特定の数字を定期的におさえる事」
これが分析の極意であり、出来るかが数字のセンスの有無につながる。

分析って、今までしたことなかったから、面白い。
やってみたいなぁ。
思ったのに、今もやれてない☆(笑)





テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本
ジャンル : 本・雑誌

唯川恵 『ベター・ハーフ』

バブル期、バブル崩壊
この忙しい時代に振り回されてる結婚生活話



唯川恵(ゆいかわ けい) [⇒もっと詳しく]
ベター・ハーフ


バブルの真っ最中に派手婚したカップル。
結婚式当日から話がスタートするんだけど、
そこから旦那の元カノが手首切っちゃうなんて事件起こって。

結婚したけど、そんな角質でうまくいかない。
旦那は風俗で遊んで、嫁は元カレと浮気。
波乱なのに子供が出来ちゃう。
バブル崩壊
旦那はリストラ
プライドありで次の仕事見つからない。
家の中は喧嘩ばかり。
こんなはずじゃなかった ばかり。

当時、テレビ見てて、こんな世の中になっても仕事内容、給料文句つけてる人見て思ったことをそのまま思い出した。

それでもここはドラマ。
昔の同僚が会社を興す、是非力をかしてくれとスカウト。
嫁は2人目の子供を流して子宮を取ることに。

うまいことに、落ちる時は片方づつ。
両方一揆に落ちてたら終わってたかもしれないこのカップル。
やっぱりそこはドラマ。

子供がもうできないと覚悟した大事な一人娘。
今度は子供のお受験
そして親の痴呆症やら入院やらで介護の覚悟も


そんなバブル期時代を生きた人の人生

どこかにありそうな人生


テーマ : 新書・文庫レビュー
ジャンル : 本・雑誌

カテゴリ
プロフィール

こなつw

Author:こなつw
「本は出合った時に手にしないと二度と会えない」
そんな根拠のないポリシーで、積読書が絶えません^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
SHOP
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。