スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通尾秀介『シャドウ』

秋の夜長で電車でも、喫茶店でもなく、自宅で1冊読見切りました^^


道尾秀介(みちお しゅうすけ) [⇒もっと詳しく]
シャドウ

(第7回本格ミステリー大賞受賞作)


小学生の男の子のお母さんが癌で死んじゃってから話が進む。
父母共に同じ大学同級生の幼馴染のお母さんが自殺する。
理由は夫婦仲が悪く、親友(男の子の母)が死んでしまって心が折れてしまったよう。(じゃないかと周りの推測)
その幼馴染のお父さん、精神科の先生なんだけど、幻聴?幻覚??で勘違い(後に勘違いと解るのだが…)から奥さんが浮気してると思いこんでて、娘が本当の自分の娘か信じられなくなってしまってたため、奥さんが追いつめられて自殺したのではと思っていた。
しかし、娘の態度と、お父さんの昔の病気が再発したのでは?と心配した男の子が真実を見つけだす。



ストーリーは基本小学生の男の子がメイン。同じ出来事をそれぞれの登場人物の視点で話を進めるって感じ。
殺人事件じゃないから、事件を解決する!って流れじゃなく、
男の子がお父さんや女の子の様子が心配で、なんとか力になってあげたいと考えた行動が、複雑にからんだ人間関係を明らかにして、自殺した幼馴染のお母さんの本当の理由、背景を明らかにする。
そして最後に起きる事故・・・


道尾さんの作品は、精神病な人が多いなってのが読んでる途中の感想。
ついでにちびっこの男の子が主役ってのも。
(って言っても、向日葵のと2作品しか読んでないけど☆^-^;;)

一番辛い立場なのは、幼馴染の女の子なんだけど、嫌なことサラっと書いてあるから、そんな事感じない。
悲しい話なのに、最後は円満のように終わって、まぁ、あたしはそう感じちゃって、残念に思った。
自分が女だからか、女の子の立場になったらそんな終わり方キレイすぎる気がしたから。
個人的に、後味の悪い作品だと感じた。

スポンサーサイト

テーマ : 新書・文庫レビュー
ジャンル : 本・雑誌

宮部みゆき 『人質カノン』

『ひと月に1冊は本を読むぞ!』

密かな今年の目標なのだけど、
今月はギリギリセーフで1冊読了です^-^;;;;

宮部みゆき(みやべ みゆき)[⇒もっと詳しく]
人質カノン


短編集でした。
人質カノン/十年計画/過去のない手帳/八月の雪/過ぎたこと/生者の特権/漏れる心

上記7作品が掲載されています。

コンビニで強盗にあって人質になっちゃったり
タクシードライバーから10年かけた殺人計画の話を聞いたり
電車の棚に雑誌と一緒に置かれてた手帳を拾ったり
いじめが原因で事故にあった少年のおじいさんが残した遺書だったり
探偵(だっけな?)事務所に1度相談に来た少年を数年後みかけたり
失恋のために死に場所を探してたら、いじめにあってる少年に出会ったり
ローンが残ってるマンションを売るため四苦八苦してたり

全て大きな事件ではないけど、
それぞれ個人の直面した悩みだったり生活だったりが
ちょっとした事件となってミステリーのようになってた。
軽くもなく大げさでもなく。それなのに面白い。
この作者上手いなぁ、誰だ??
思ったら、宮部さんだった。流石(笑)


この本を読んでたら、自分の日常も作品にしたらこんな感じかな?
なんて歩きながら考えたりしながら、
やっぱり山場が必要だよな?
なんて、
いつもと違う行動とったりしてた自分がいたww
普段気にしない風景を気にしてみた自分がいたwww

こういうのを生活の潤いっていうのかな??^^
なんてw
すごいとか羨ましいとかじゃなくて、視点を変えればいいのかな?って思えたから。
???なんか前回も同じような事書いたか???・・・ん~、気にしない(爆 *^-^*

生活にスパイスをくれた作品集でした^^


テーマ : 新書・文庫レビュー
ジャンル : 本・雑誌

通尾秀介『向日葵の咲かない夏』

久しぶりに小説を読みました。

続きが読みたくて寝ずに読むって事を
久々した気がします^^

道尾秀介(みちお しゅうすけ) [⇒もっと詳しく]
向日葵の咲かない夏

ジャンル:ホラーサスペンス


近所で小動物の変死体があちこちで見つかっている地域での話し。
家庭環境が複雑な小学生の少年が
同級生のS君の首吊り死体を発見した。
しかし、警察が駆けつけた時には死体が無くなっていた。
この主人公の少年、死んだ人は何かに生まれ変わると信じていて、
S君も蜘蛛となって目の前に現れる。
蜘蛛のS君と、妹のミカちゃんと共にS君の身体探しを始める。
S君は自殺なのか、殺されたのか、なぜ死体がなくなっていたのか。
なぜ主人公は蜘蛛のS君と話ができるのか。。。

あらすじはコンナ感じ。

はじめ、S君が蜘蛛に生まれ変わって普通に話ししてるから
ファンタジーかな?って思って読み進めてたらトンでもなかった☆
学校の先生が昔書いたと言う小説の内容なんて
子供に見せられないったら☆
S君の作文、S君が飼い犬に教え込んだ芸、S君の行動、周りの大人の行動全てが悲しい。
予想外ではないけれど、こんな展開、こんな結末、こんな回答。
各所にヒントが匂わせてあるのもズルくなくて良い。

さすが、直木賞を受賞した作家さんなだけありますw
([直木賞のすべて]→[道尾秀介] ぜひどうぞ^^)

サスペンス好きの人だったら、お勧めの1作品ですww



テーマ : 新書・文庫レビュー
ジャンル : 本・雑誌

舛田光洋 『3日で運がよくなる「そうじ力」』

”捨てる”が出来ない私です^^;;;
”掃除する”が出来ない私です^^;;;;;

そんなあたしでも”捨てる”に手が出せた切っ掛けを作ってくれた本です。

舛田光洋(ますだ みつひろ)[⇒もっと詳しく]
3日で運がよくなる「そうじ力」



Dr.コパさんも掃除することで開運できるって言ってるし、
過去の経験で、
別れた彼氏からもらったものを全て捨てて、部屋を掃除したら
心もスッキリ、即効新しい彼氏が出来たww
なんて経験があって、”掃除”や”捨てる”にはカナリ興味がありました。

ただ、始めの1歩ができなくて困ってる。

その1歩のために背中を押してくれる一冊です。


窓を開けて喚起から、
古くなったタオル1枚から
とかね。

そうこうしてる内に気付くと、想像以上に沢山の物が捨てられて、
気持ちも晴れてきて。
不思議です^^
私は、簡単で自分の心にも負担なく”捨てる”1歩ができました^^

この本も”何もしたくない病”発症時に読むという
マイバイブル的本ですww


テーマ : 幸せになるための本
ジャンル : 本・雑誌

松本清張 『砂の器』

久しぶりに読み応えのある本を読んだ気がする*^^*
家でも続きが気になって、コーヒー片手に本を読んでた。
学生のころには、普通にしてたことなのにね。

感想書くの苦手☆
それでも練習練習wガンバって書いてみようかという気になった。


松本清張(まつもとせいちょう) [⇒もっと詳しく]
砂の器(上巻)改版』『砂の器(下巻)改版

 



本を読む前に、初めの1回分だけドラマを見ていたから、どういったタイプのストーリーかは把握しており、入りやすかった。
序章からドラマと比較しながら読む。
ドラマとは登場する順番が逆だったり、人物の特徴が多少違ったりと多少異なってはいたが、大筋は変わりない。
堅物の刑事が、完全犯罪と思われるほどの難問殺人事件を、粘り、細かなことに執着して、ジグソーパズルを組み立てるように最終的に解決するという推理小説の王道を行くストーリだ。

ある夜、東京で一人の男が殺された。身元がわからなくなるほど顔を酷く殴られ、線路に横たえられていた。
当夜、見知らぬ二人組みがバーに飲みに来た。警察はこの2人が犯人と被害者であると断定した。2人はバーの店員や客達に目撃されている。しかし、印象の薄い2人であったため、決定的な手がかりは得られなかった。
ただ、一人の男に東北訛りがあったこと、そして「カメダ」という言葉。これらだけが、この操作の手がかりとなった。

この2つの手がかりを、角度を変えて眺める刑事が1人いた。その刑事が主人公だ。
捜査を進めると、壁にぶつかり先が全く見えなくなる。
そんな時、家庭だったり近所だったりで、ちいさな糸口を見つける。普通の人だったら気にしない紐を、気にして確認する。まさに「♪ホコリかぶってた宝の地図も確かめたのなら伝説じゃない!」です。確かめて、それが役に立たなくても「役に立たない情報」として役に立ってるのだから。
そんな流石小説(こんなこと言っちゃいけないのだけど)といった偶然の積み重ねで、役に立たないモノは何も無い状態で、薄い影がしっかりと黒く見えてくる。

捜査と平行して、時代を象徴する1つのグループが登場する。
様々な分野の芸術家が集まるグループだ。
彼らは古い形式を毛嫌いし、時代はそんな彼らに共感する。
彼らにはバックがない。自力で今の地位を築き上げてきた輩達ばかり。
いくら外見では誰もが羨む輝いた器であっても、人はちょっと歯車が狂うだけで崩れていく。ましてや自分一人で積み上げてきた、時代に甘やかされたおごり・勘違いしたモノは、何の支えもなく強度は弱い。まるで砂のように。
ここでは、このグループ内の2人の男が、彼らに関わる人間を巻き込んで崩れていく様が書かれている。
信用もそうだけど、築くのはとても時間と苦労が必要だけど、崩れるのは一瞬。怖いものだ。

そして、刑事の追い求めて居る影が、彼らの姿と重なる。。。


・・・
どうしても感想じゃなくてあらすじ見たくなってしまう。
それでもコレだけの文を書くだけで、カナリ時間がかかって、しかも

  づ~が~れ~だ~~~xxx


読み返して「変だなぁ~」感じたけど、書き直す元気もないし、消すのももったいない。
とりあえず残しておきまぁ~す^^;


テーマ : 本読みの記録
ジャンル : 本・雑誌

カテゴリ
プロフィール

こなつw

Author:こなつw
「本は出合った時に手にしないと二度と会えない」
そんな根拠のないポリシーで、積読書が絶えません^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
SHOP
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。