スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通尾秀介『シャドウ』

秋の夜長で電車でも、喫茶店でもなく、自宅で1冊読見切りました^^


道尾秀介(みちお しゅうすけ) [⇒もっと詳しく]
シャドウ

(第7回本格ミステリー大賞受賞作)


小学生の男の子のお母さんが癌で死んじゃってから話が進む。
父母共に同じ大学同級生の幼馴染のお母さんが自殺する。
理由は夫婦仲が悪く、親友(男の子の母)が死んでしまって心が折れてしまったよう。(じゃないかと周りの推測)
その幼馴染のお父さん、精神科の先生なんだけど、幻聴?幻覚??で勘違い(後に勘違いと解るのだが…)から奥さんが浮気してると思いこんでて、娘が本当の自分の娘か信じられなくなってしまってたため、奥さんが追いつめられて自殺したのではと思っていた。
しかし、娘の態度と、お父さんの昔の病気が再発したのでは?と心配した男の子が真実を見つけだす。



ストーリーは基本小学生の男の子がメイン。同じ出来事をそれぞれの登場人物の視点で話を進めるって感じ。
殺人事件じゃないから、事件を解決する!って流れじゃなく、
男の子がお父さんや女の子の様子が心配で、なんとか力になってあげたいと考えた行動が、複雑にからんだ人間関係を明らかにして、自殺した幼馴染のお母さんの本当の理由、背景を明らかにする。
そして最後に起きる事故・・・


道尾さんの作品は、精神病な人が多いなってのが読んでる途中の感想。
ついでにちびっこの男の子が主役ってのも。
(って言っても、向日葵のと2作品しか読んでないけど☆^-^;;)

一番辛い立場なのは、幼馴染の女の子なんだけど、嫌なことサラっと書いてあるから、そんな事感じない。
悲しい話なのに、最後は円満のように終わって、まぁ、あたしはそう感じちゃって、残念に思った。
自分が女だからか、女の子の立場になったらそんな終わり方キレイすぎる気がしたから。
個人的に、後味の悪い作品だと感じた。

スポンサーサイト

テーマ : 新書・文庫レビュー
ジャンル : 本・雑誌

通尾秀介『向日葵の咲かない夏』

久しぶりに小説を読みました。

続きが読みたくて寝ずに読むって事を
久々した気がします^^

道尾秀介(みちお しゅうすけ) [⇒もっと詳しく]
向日葵の咲かない夏

ジャンル:ホラーサスペンス


近所で小動物の変死体があちこちで見つかっている地域での話し。
家庭環境が複雑な小学生の少年が
同級生のS君の首吊り死体を発見した。
しかし、警察が駆けつけた時には死体が無くなっていた。
この主人公の少年、死んだ人は何かに生まれ変わると信じていて、
S君も蜘蛛となって目の前に現れる。
蜘蛛のS君と、妹のミカちゃんと共にS君の身体探しを始める。
S君は自殺なのか、殺されたのか、なぜ死体がなくなっていたのか。
なぜ主人公は蜘蛛のS君と話ができるのか。。。

あらすじはコンナ感じ。

はじめ、S君が蜘蛛に生まれ変わって普通に話ししてるから
ファンタジーかな?って思って読み進めてたらトンでもなかった☆
学校の先生が昔書いたと言う小説の内容なんて
子供に見せられないったら☆
S君の作文、S君が飼い犬に教え込んだ芸、S君の行動、周りの大人の行動全てが悲しい。
予想外ではないけれど、こんな展開、こんな結末、こんな回答。
各所にヒントが匂わせてあるのもズルくなくて良い。

さすが、直木賞を受賞した作家さんなだけありますw
([直木賞のすべて]→[道尾秀介] ぜひどうぞ^^)

サスペンス好きの人だったら、お勧めの1作品ですww



テーマ : 新書・文庫レビュー
ジャンル : 本・雑誌

カテゴリ
プロフィール

こなつw

Author:こなつw
「本は出合った時に手にしないと二度と会えない」
そんな根拠のないポリシーで、積読書が絶えません^^;

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
SHOP
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。